使いやすいものを選ぶ

結婚指輪の金額相場は、夫側、妻側ともに10〜12万円のものを購入した人が一番多いようです。つまり、ペアで20〜25万円ということです。妻側の方が、結婚指輪にダイヤや石が入ったタイプを選ぶ場合があるので、値段的に高めになることも多いようです。結婚指輪の金額は、ブランドによっても、素材によっても差が出て来ます。結婚指輪は結婚式の3ヶ月前くらいには用意するカップルが多いようです。指輪に刻印を入れたりサイズ調整をしたりするのに待ち時間が発生する為です。買いに行く前に、2人で好みのデザインをよく話し合っておくのが良いでしょう。

結婚指輪の素材は、以前はプラチナやゴールドが主流でしたが、今はピンクゴールドやホワイトゴールドなどの素材も人気があります。金属アレルギーの人も着けることが出来るチタン製やレアメタル製も人気を集めています。デザインも、シンプルなものから流線型のもの、2種類の素材を組み合わせたもの、ダイヤや石が入ったタイプのものなど、様々な形が出ていて、選ぶのに迷う位です。結婚指輪は2人でお揃いのものを揃える人が以前は多かったですが、今は夫と妻との好みが異なる場合、別々のデザインを着ける場合もあります。婚約指輪と同じメーカーのものですと、デザイン的に重ねづけがしやすいですが、特に同じメーカーに拘らなくても重ねづけ出来るものもあるので、好みのものを選ぶと良いでしょう。