給料三ヶ月分

婚約指輪については、バブル経済のころはテレビコマーシャルの影響などで給料の3か月分という高額な指輪を購入する人が多かったですが、現在では、20万円から30万円くらいのものを選ぶ人が増えており、今後もこの傾向は続くと考えられます。デザインとしてはプラチナのリングにダイヤモンドをあしらったものが人気です。今後はダイヤモンドを使用したものという点は変わりないのですが、リングについてはピンクゴールドやイエローゴールドなど、さまざまな形が出現しており人気が増えつつあります。今後も、オリジナリティーのある婚約指輪を購入したいと考えている人が増えており、手作りの婚約指輪を購入する人も増えてくるなど、市場が多様化することが予想されます。

婚約指輪は新郎が新婦にプロポーズをする際に渡すことが多く、新郎が一人で選ぶものでした。しかし最近では、婚約指輪のデザインやブランドにこだわりたいという新婦もたくさんいます。そのため、ジュエリーショップでは、プロポーズ用にサンプルの指輪を用意していたりします。ですので、好みのブランドや意向がわからない場合は、このようなサンプル用指輪を利用するという方法もあります。最近では、ブライダルジュエリーショップも、結婚指輪や婚約指輪の提供というだけでなくプロポーズなどを後押しする取り組みをしているところもたくさんあります。ですので、初めてでわからない場合は、自己判断せずにしっかりと専門の人や指輪を身につける新婦に相談することが必要です。